婚活と結婚の重要性

婚活と結婚の重要性

日本は、年々未婚化・晩婚化が進んでいます。その影響で出生率が低下し、少子化は日本の大きな課題です。

国は少子化対策は進めており、対策に重要な婚活ビジネスを、国は支援しています。
ここでは、国の少子化対策や、結婚相談所が担う役割を見ていきましょう。

婚活は重要な少子化対策

日本は、2003年9月に施行された「少子化社会対策基本法」を元に、少子化対策を行っています。 そして少子化対策に対する、基本的な考え方や目標、重点課題等を盛り込んだ「少子化対策大綱」を、2004年、2010年、2015年、2020年にそれぞれ閣議決定を経て実施しています。
また、2007年に「少子化担当大臣」が設置、それ以降「婚活・街コン推進議員連盟」が設立されるなど、数多くの少子化対策を行っています。
このような時代背景をうけ、結婚相談所をはじめする婚活サービスは、社会的な貢献度の高いビジネスです。

結婚相談所が担う役割

このように、婚活・結婚は少子化対策として重要です。そして、数ある婚活サービスのなかでも、結婚相談所は、会員の婚活を成功させるための重要な役割を担っています。

結婚相談所は、他の婚活サービスと異なり、以下のような特長があります

  • 仲人がお客様に親身にサポートする

  • お相手と実際に話すこと(お見合い・ファーストコンタクト)を重視する

  • お相手と交際に進むかを素早く決める

結婚相談所は、他の婚活サービスと異なり、カウンセラーがお客様に親身にサポートしつつ、お相手との間を取り持ちます。時には、会員にヒアリングした内容やそれまでの活動を踏まえて、相手に求める条件を考え直すことをカウンセラーが提案もします。
会員一人だけでは、自分に合うお相手を見つけて結婚するのは難しいことは多いです。しかし、結婚相談所のカウンセラーは、ただ機械的な活動のサポートをするのではなく、まざまな創意工夫をして会員が成婚に至るよう支えていきます。

このように、結婚相談所なら、カウンセラーが活動のサポートをすることで、婚活サービスのなかでも成婚される会員を数多く生み出すことができます。

まずは気軽にご相談ください

独立開業して
たくさんの人のご縁を作りませんか?

資料請求はこちら